あみんぐテープ

【高齢者手芸】認知症会釈!エコクラフトでリボンかごを作ろう3!!【あみんぐテープ接着】

東海手芸センターの「あみんぐテープ」。認知症会釈と気分転換が目的でエコクラフト手芸をします。紙製のクラフトバンドで写真のような「かご」を作ります。はさみで切って編むだけ!!だと思ってたら接着も必要でした・・・

切り出ししたエコクラフトの組み立てに取り掛かれましたので、ご紹介します。母は統合失調症。その日の体調・気分に合わせて私が手助けをしています。

前回・前々回のブログは↓

1.通院や台風による延期で久しぶりの登場!

前回から一か月ほど経過しました。2か月に一度の通院や散髪、父の施設へのお見舞いなど、高齢者にとっては 一つこなせば大仕事な内容ばかりです。下痢気味なおなかの具合も徐々に良くなり、体調も生活も安定してきました!!

何度も台風がやってきて、雨音・風音に怯えて落ち込むこともありましたが、今日なら出来そう💡そんな体調の日を見つけたので、やっと説明書の第一段階へ進めますw

だいたい手芸をしてもらう時間帯は、お昼ごはん後のお昼寝が終わって おやつの時間の前ですね!昼食開始時間を少し早める(11:30ごろから)などして工面してます😅

2.さあ編み込みするぞ!って思ってました😅

いきなり説明書です。「中心線を引きなさい」あ、そうですか、編むんじゃないんですか。

またまた鉛筆で印しを付けました。寸法関連は高齢者には難しいかな?長さ測ったり けがくには、小さい文字見えないとダメだし 両手を巧みに使う必要があります。

全てやってもらうのは 負担になるし時間も掛かるので、一つやってもらってる間に私が片づけました💨

3.並べるのにひと苦労します💦

急に難しくなりましたwひとつの写真に4工程ぐらいのことが詰め込まれてます!この配置をキープしながら接着するのは、健常者でも難しい!!ちょっと触るだけで くるくる回って中心がズレちゃう!!

なので、勝手に工程を作って分けました💕

接着する面が分かるように重なる部分へ 縦に線を引いて「のりしろ」が分かるようにしました。

4.接着しますよ~~💡

接着剤は家にあったゼリー状の瞬間接着剤を使用しました。下に移ってるゴム系接着剤でもよかったと思います。高齢者には瞬間接着剤はちょっと危険ですからねー💦

もっと安全なのは「ろう」のようなボンドを必要な分だけ溶かして出してくれるグルーガンがおススメです💖火傷するような温度ではないし、手に着いても温度が下がれば固まるのでキレイに取りやすいです💞おススメのグルーガンは↓

【グルーガン スティック 50本付き】【スタンド機能付】 グルーガン ホットボンド スイッチ付きで便利 DIY

説明書では分かりづらかった上下の位置も▲の写真ならどうでしょうか!?一段のやぐらのように組み合わせます。一か所づつ接着剤を塗って形を整えながら進めましたよー👌

最後に両端へ色付きのひもを接着して、かごの底面が完成です!ここの接着が弱いと、次工程からの編み込みの時に取れてしまったり、完成してから壊れてしまったり強度に繋がるので しっかり接着しましょう💫

5.次回から編み込みです❣❣

説明書03です。次工程は縦の3本を編み込むこと!やっとそれっぽくなってきました。

今まではひもを切っただけで達成感も何も無かったので、少し形が出来たことが嬉しかったようです💕なるべく目に付く場所に置いて 眺めていることが多いです。「続き、やる?」って声を掛けると、まだちょっと拒否感。興味が無くならないうちに進めてあげれば 一気に完成しそうな予感❣❣

体調と相談しながら、進めていきたいと思いまーす🚅

エコクラフトキット 四角いペン立て | ハマナカ 鉛筆立て

カテゴリー